森の家ーイラストのある生活
日々の出来事+イラスト、家ネコと森の動物たちの短い絵本など,主に色鉛筆画で綴っています。
>> ホーム
>> RSS1.0
ようこそ

ブログ4

ごゆっくりしていって下さいませ

今日の日付入りカレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリック♪ ありがとうございます。 

♪、ありがとうございます。 

人気ブログランキングへ

プロフィール

tokosantan

Author:tokosantan
森の家へようこそ!

家ネコと森の生き物たちの
何気ない日々の暮しを
絵に綴っています。
画材は色鉛筆の他、水彩、コピック


ネコはずーっと一緒で今は2匹
栃木県在住。 女性。

カテゴリ

読みたいテーマを選んでください!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


ニョろぐ

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

英検1級単語ドリル 黒猫版


日本語→英語自動翻訳【星条旗】

English English得袋.com

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

今日は読書
そういえば絵本を読んでないなぁ、と思いながら、先だって久しぶりに
図書館で借りてきた絵本を手に取る。
  
今日は読書ーぶろぐ
 

 絵本と言うと子供の読み物と思っている方も多いのではないでしょうか。
でも時には図書館の児童書の部屋をのぞくのも楽しいものです。

そこで見つけた最も面白かった絵本は、
外国の日本語翻訳本になりますが、「カロリーヌとゆかいな8ひき」シリーズ

これはカロリーヌという小さな女の子と8ひきの動物たちの織りなす冒険ストーリーで
日常生活の中でいろんなことをするのですが、
とにかく絵がリアルで表情が豊かで何度見ても楽しくて、
女の子も動物たちもものすごくかわいいのです。

そして、洋書コーナーには

英語や他外国語の勉強をしている方にはとても有難い絵本の数々が揃っています、

で、私が洋書の絵本の虜になったきっかけになった本は、というと
「あらしのよるに」の英語の翻訳本でした。 作:木村裕一 絵:あべ弘士 翻訳:LUCY NORTH

これはお話の展開や絵の魅力などから夢中で一気に読んでしまいました。
英語版は日本語の原本の世界とイメージが違って、言語の持つ力を感じます、

もとの日本語版も後で読みましたが
英語版の方が数倍感情の起伏が大きくて、迫力があって面白かったですね。
言葉の与える影響いうことに対しても、考えさせられました。

日本語は感情もあまり表にださないで平たんな印象です。
外国人から日本人の表情のなさを指摘されるのも納得します。
日本人の中では理解できても外国でははっきりと言葉にしないと理解できない
ということでしょうね。
同じ本でも、自国よりも、他国で翻訳された物が受けると言う現象もありますが
それもひとえに翻訳者のおかげというものがあると思った次第でした。

もっと早く英語の絵本を読んでいたらなーと思ってしまいましたが
今英語の勉強をしている方にはぜひ、いろんな国の絵本を原書で読まれる事を
お薦めしたいです。 

 で、今日は MAURICE SENDAK

 “HIGGLETY PIGGLETY POP !
    OR
 THERE MUST BE MORE TO LIFE”








 
スポンサーサイト

イラスト | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/08/22(日) 21:50 ]

<<オランウータンでなくてゴリラでした | ホーム | 短い絵本ー恐怖の瞬間>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://enomori.blog13.fc2.com/tb.php/57-cab1bc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 森の家ーイラストのある生活 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。